実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

無印の「発酵ぬか床」を使ってみました!

Sponsored Link

Sponsored Link

年末年始でも、

実家でも、

ぬか漬け生活を楽しんでいたのですが、

「ぬか床を新しいものにしたい」

と、12月半ばに会ったときから母が言っていました。

 

私のオススメは、

こうじや里村さんの「冷蔵庫で育てるぬか床」なのですが、

年末の荷物の多い時期ということもあり、

通販で購入するのは気が引けたので、

実家の近くで調達できる、

無印の「発酵ぬか床」と購入してみることにしました。

1㎏・890円ととってもお買い得!

無印の「発酵ぬか床」を使うと決めてから、

すぐに購入しに行きました。

f:id:muimui57:20191230223555j:image

実家の方にある無印は、

それなりの規模もお店だと思います。

店舗スペースの広さはあるものの、

ワンフロアなので、

ぐるっと一周したところで「発酵ぬか床」を発見!

 

なんと、1㎏・890円(税込み)と、

とっても買いやすい金額でした!

ジップ付きの袋にぬか床が入っているので、

別に入れ物を用意することなく、

「発酵ぬか床」を購入したその日から、

すぐに漬けることができます。

 

ちなみに、お店で実物を見ることはできなかったのですが、

「発酵ぬか床 補充用」というものも売っています。

こちらは250g・290円(税込み)です。

無印の「発酵ぬか床」で早速ぬか漬けをつくってみた。

f:id:muimui57:20191230223613j:image

無印の「発酵ぬか床」は、

捨て漬けをする必要がありません。

 

そのため、翌日に食べる用として、

キュウリ、人参、ピーマンを漬けてみました。

ピーマンを漬けるのは、はじめてです!

 

約1日後に食べてみたのですが、

優しくて穏やか、

そして癖のない、美味しいぬか漬けでした。

 

ちなみに、無印のぬか床は、

ほかのぬか床に比べると、

匂いが無い方だと思います。

 

そのため、

「ぬか床の匂いが気になって・・・」

という方にも育てやすいぬか床なのではないかな?

と思います。

S&Bのぬか床と無印のぬか床の食べ比べ。

f:id:muimui57:20191230223623j:image

買ってきたばかりの無印のぬか床と、

元々実家にあったS&Bのぬか床、

同時に同じ野菜を入れて、

食べ比べをしてみました。

 

S&Bのぬか床には、

結構な量の水がわいていたので、

キッチンペーパーを使って水抜きをしてから漬けたのですが、

それでも水が抜け切れていなかったようで、

塩味の強いぬか漬けとなってしまいました。

 

水抜きをするのはもったいないので、

たしぬかをするなどして、

ぬか床の状態を整えてあげないといけないですね。

 

たしぬか用のぬかを購入しに行けていないので、

とりあえず、乾燥しいたけや昆布を何回か漬けたりして、

水分量調整をしています。

 

無印のぬか床もS&Bのぬか床も、

美味しいぬか床に成長するといいですね!

 

ではでは★

 

実家に、下田敏子さんのぬか床の本があったので、

 じっくり読んで勉強しました。

 

 

ぼちぼち、新作をつくらなくては!

minne.com

 

サブブログもやってます(更新頻度低いけど><)

muimui57.hatenablog.jp

Sponsored Link