実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

【ぬか漬け記念日】ぬか床を育て始めて1か月経ったので、オススメぬか漬けベスト3を考えてみた。

Sponsored Link

Sponsored Link

「この味がいいね」と私が言ったから

10月10日はぬか漬け記念日

 

こんな言葉から始まった、

ぬか床を育てる生活。

 

muimui57.hatenablog.com

 

気づいたら、

ぬか床を育て始めてから1か月が経ちました~!

ぬか漬け

この1か月のあいだ、

様々な野菜をぬか漬けにしてみました。

 

きゅうり、ナス、ミニトマト、カボチャ、エリンギ、小松菜、大根、アボカド、セロリ、ニンジン、干し椎茸・・・

 

漬かる時間や漬け方など、

ぬか床キットについてきた冊子や、

ネットで調べながらなので、

ぬか床先輩の皆様にとっては、

真新しいぬか漬けはないと思います。

 

ただ、私にとっては、

これもぬか漬けにすると美味しいんだ~♪

と毎日が発見続きでした。

 

と、いうわけで、

この1か月間を通して考えた、

オススメのぬか漬けベスト3なるものを、

発表したいと思います!

※私は、しっかり漬かっている状態のぬか漬けが好きです。

3、小松菜

小松菜に塩を振りかけ3分ほど放置し、

水を切ってから漬けます。

 

漬かりやすいので、

時間は短めの方が良いと思います。

 

半日くらい漬けたものを食べたのですが、

小松菜というより、

高菜とかに近く感じました。

 

細かく切って、

ご飯に混ぜておにぎりにしたりしても、

美味しいのではないでしょうか?

 

冷蔵庫のなかに、

かなり、しんなりしてしまった小松菜があるので、

ぬか漬けにして

食べきってしまおうと思います!

2、セロリ

生のセロリは、

私の大好物でして・・・

 

セロリの浅漬けも良かったのですが、

ぬか漬けの方が、

つくるのが簡単で良いです!

 

浅漬けの場合は、

調味料の加減を考えたり、

実際に食べる時間から逆算してつくらないといけないのですが、

ぬか漬けであれば、

切る→ぬか床に入れておく→放置

の3ステップで、

時間などはきちんと考えなくてOKですからね!

 

私は、

18~24時間くらい漬けた状態で食べています。

 

かたい繊維(?芯?)をピーラーで削り、

適当な長さに切って、

ぬか床に漬けておくだけです。

 

ぬか床から取り出したときのセロリのしんなり具合には、

毎回驚かされます。

 

味は、

セロリ特有の青臭さのようなものが薄まり、

セロリの美味しい部分だけが全面に出てきたような感じです。

 

葉もぬか漬けにして美味しく食べることができるのですが、

葉の方がクセのある仕上がりになるので、

茎部分のぬか漬けの方がオススメです。

 

葉は、細かく切って、

みりんと醤油で、

ざーっといためたほうが美味しいかなぁ、

というのが、個人的な感想です。

1、大根

一番のオススメは、

ぬか漬けだけでなく、

漬物の定番・大根です!

 

皮をむいて、

適当な大きさに切って、

ぬか床に入れておくだけで、

超美味しいぬか漬けの完成です!

 

漬け時間は、

20時間くらいを目安にしています。

これ以上漬けてしまうと、

大根の歯ごたえがなくなってしまう気がして・・・^^;

 

しんなりした漬物がお好きな方は、

もう少し長めでもいいかな?

と思います。

 

20時間でも、

充分しんなりしていますよ!

しんなりしつつも、

程よく歯ごたえが残っている感じです。

 

大根の辛味がなく、

辛味以外の大根の味をそのまま楽しむことができます。

 

たくあんよりも、

癖がないと思うので、

たくあんが苦手な方も一度は試していただきたいです!

 

これから、

大根が益々美味しくなる季節がやってきますね!

ほぼ毎日、

大根のぬか漬けを食べて暮らすことになりそうです。

 

それくらい、

大根のぬか漬けは、

私のお気に入りです!

 

今日も、新たに漬け込みましたよ♪

 

 

ほかにも、

ぬか漬けにしてみたい野菜はたくさんあります。

 

このオススメベスト3もどんどん変わっていくのではないかな?

と思うので、

変化が出てきましたら、

また、発表させていただきます!

 

ではでは★

一昨日、新作UPしました♪

minne.com

 

サブブログ更新しなくては・・・!

muimui57.hatenablog.jp

 

Sponsored Link