実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

うつ病の快復パターン「三寒四温」の「寒」に入ったようです。

Sponsored Link

Sponsored Link

順調に、

上向きに快復してきていた

私のうつ病ですが、

2日前くらいから、

少しよろしくない状態になっています。

 

うつ病の快復パターンは、

「三寒四温」という

お天気用語に例えられることがあります。

 

うつ病の人の治療をしていると、時折、「病状が悪くなった」と相談される時があります。うつ病は苦しい病気ですし、治るまで時間がかかります(3ヶ月~1年くらいが目安)。治る過程で一時的に病状が悪くなり、不眠がひどくなったり、体調がパッとしなくなると焦る人がよくいます。焦るのは当たり前の事だと思います。しかし、焦る必要が無いことがほとんどなのです。うつ病が治るときのパターンは「三寒四温(さんかんしおん)」なのです。

 

うつ病の回復パターンとは?-「三寒四温」について- | ココロ医者、つぶやく(精神医学エッセイ) | コラム 【秋田県立リハビリテーション・精神医療センター】

 

良くなったり、

悪くなったりを繰り返し、

だんだんと完解に向かっていく

 

これは経験上でも分かっていたのですが、

ここ1~2か月は、

どちらかというと

「すごく良い!」

という状態で来ていたので、

今回の「寒」状態は、

結構きついです・・・

 

ブログに書きたいこともあるし、

やらなくてはいけない(というかやりたい)こともあるのですが、

ほとんど、できていません。

 

生活上、必要最低限のことをして、

おとなしく過ごすのが、

いま出来る、

唯一のことのようです。

 

今朝は、

起きたときは調子が良かったので、

電車に乗って移動しなくてはいけない距離の場所に出かけていたのですが、

やらなくてはいけない用事(役所系)が終わったとたん、

一気にメンタル状態が落ちました。

 

ちょっと危険だな・・・

と感じたので、

帰りに食べ物を買い込んで、

明日から引きこもっても大丈夫なように

準備だけはしておきました。

 

うつ病経験者の友人に勧められた、

『うつヌケ』という本を、

先ほどから読み始めました。

 

話題になった当時に、

書店で見かけて読もうかと思った本なのですが、

Amazonレビューをいくつか読んだ結果、

買わずにいた本です。

 

Kindle版は半額くらいで購入できました。

ちょっと嬉しい。

まだ冒頭部分を読んだだけなのですが、

著者の田中圭一さんは、

気温や天候の変化などで、

「うつ」という妖怪が現れる

と、おっしゃっています。

 

今回の私の突然の不調も、

そんな感じなのかなぁ・・・

とぼーっと考えています。

 

明日になったら、

急に元気になって、

通常進行(?)でブログを更新しているかもしれませんし、

少しお休みするかもしれません。

 

願わくば、

通常進行で更新できることを・・・

 

メンタル状態が悪い状態で、

ブログを書くのは

止めようかと思っていました。

 

ただ、最近のこのブログは、

私の再生の記録のようになっているので、

いつか笑って読み直すことができるように、

この不調についても記録として、

書き残しておきます。

 

余談のようになりますが、

このブログでは「快復」という漢字を

使おうと思っています。

 

今回、引用内では「回復」という漢字になっていますが、

これは、原文のまま引用しているためです。

表記ゆれとか、

気にしだすと、すっごく気になりますよね。

 

ではでは。

 

Sponsored Link