実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

憑き物が落ちたようにお香を焚かなくなった話。

Sponsored Link

Sponsored Link

昨日の夕飯はジャンクなものだったので、

今日のお昼は、

精進料理(とまでもいかない)のようなものを食べました。

f:id:muimui57:20191022223344j:image

これで、

プラマイゼロ★

 

と、身体が、

そんなうまいこと切り替わってくれるわけではないのですが、

気分だけ、

気分だけw

 

そんなわけで、

「お香にはまりつつあります」

と書いてから約2か月。

 

あれだけ焚いていたお香を、

まったく焚かなくなった・・・

というお話を

書こうと思います。

 

muimui57.hatenablog.com

9月半ばまでは、毎日お香を焚いていた。

簡単にいってしまうと、

見出しに書いたままのことなのですが、

5月に香立てを購入してから、

9月の半ばまで、

私は、ほぼ毎日、

お香を焚いていました。

 

回数は1日1回~2回、

焚くタイミングは午前中でした(2回の日は夕方くらいに2回目を)。

 

なんで焚いていたかというと・・・

主には「空気の浄化」のためでした。

 

良い香りの部屋で過ごしたい

という気持ちもあったのですが、

どちらかというと、

部屋の空気を浄化したい!

という気持ちの方が強かったです。

 

朝起きたら、

まず窓を開け、

新鮮な空気に入れ替えをしつつ、

お香を焚く。

これが日課になっていました。

 

良い香りの部屋・・・

というのであれば、

アロマなどでもOKなのですが、

「浄化」という意味では、

煙が出たほうが良いという話を

どこかで読んだんですよね(覚えていないけどネット情報)。

お香を焚いていない時間は、アロマオイルを使用。

1日24時間のなかで、

お香を焚くのは1回~2回ということは、

お香を焚いていない時間の方が、

多くなります。

 

1か月前くらいまでの私は、

お香を焚いていない時間は、

アロマオイルをアロマストーンに落として、

部屋の香りを

その時々の気分の香りにしていました。

 

寝る前は、

枕のそばにある棚に置いてあるアロマストーンに、

ラベンダーやスウィートオレンジといった、

安眠に良いと言われているアロマオイルを

落としていました。

9月後半の帰省を境に、お香を焚かなくなった。

そんなお香やアロマに頼るような生活をしていたのですが、

帰省の際には、

香りに関するアイテムは

なにひとつも持って帰りませんでした。

 

理由は単純で、

荷物を増やしたくないからw

 

帰省中は、

とくにお香を焚きたいとか、

思いませんでした。

 

東京に戻ったら、

どのお香を焚こうかな?

と少し考えることはありましたが、

実際に帰省から戻ってきた後、

お香を焚きたい

お香で空気を浄化しなくては

という気持ちには

まったくといっていいほど、

なりませんでした。

 

空気の浄化については、

窓を開けて空気の入れ替えをすれば充分、

そう思うようになりました。

 

久々にお香を焚いてみたけど、なんか違う・・・

帰省していた期間も含め、

約1か月ぶりに、

お香を焚いてみました。

 

別に空気を浄化したいというわけでなく、

なんとなく、

久々に焚こうかな?

くらいの軽いノリで焚きました。

 

選んだのは、

フランキンセンスという香りです。

この香りは結構好きで、

リピートも考えていたくらいのお香です。

 

いざ焚き始めて最初に思ったのは、

なんか違う・・・

でした。

 

なんかしっくりこない感じがしたんですよね。

 

フランキンセンスは、

浄化力の高いお香といわれています。

前は、空気が浄化されていく気分が味わえたのですが、

今回は・・・う~ん・・・

 

香りが嫌とかでなくて、

煙が上がっていくところを見ても、

とくに癒されたりしなかったのです。

※以前は、煙が上がっていく様子に癒され浄化されていくような安心感を得ていました。

 

考えてみると、

昨日、久々にラベンダーのアロマオイルを使いましたが、

それまでは1回もアロマオイルでさえ使いませんでしたね。

まるで「憑き物が落ちたよう」

この「お香を焚く日課がなくなった」という変化、

そして、「焚いてみたら違和感を感じる」という変化に、

非常に驚きました。

 

帰省前までは、

お香を焚かないと空気が淀んでいる気がして、

早く浄化しなくては!

となにかと戦っているようなところがありました。

なにかから逃げようとしていたのかもしれません。

 

2週間ちょっと帰省していたのですが、

久々に帰ってきた部屋に入ったときに、

空気が淀んでいるとなんて思わなかったし、

毎日、引きこもりに近い状態で生活していても、

空気が淀む感覚はないです。

 

なんで、あんなにも空気が淀んでいると

毎日のように考えていたのか謎でしかたないです。

 

憑き物が落ちたように表情が明るくなった

という言葉があるのですが、

まさにそんな感じです。

 

表情云々はあまり関係ないのですが、

本当に、憑き物が落ちたかのように、

お香を焚かないと!

空気を浄化しないと!

という気持ちが消えたのです。

 

今日、軽い「引きこもり用メイク」というものをしていた際に、

小さなニキビはいくつかあるものの、

ここ数年間で一番キレイな時期がきたかも!

と思えた(自画自賛w)ので、

表情自体も、

憑き物が落ちたかのように

変化をしたのかもしれません。

 

ではでは★

 

近々、minneに新作UPします!

ので、サブブログも更新しなくては!

muimui57.hatenablog.jp

 

 

Sponsored Link