実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

【小さな幸せ】自分でつくったご飯を美味しいと思えること。

Sponsored Link

Sponsored Link

こんな時間に、

アイスを食べながら、

このブログを書いています。

 

ダイエットどこいった?

という感じですが、

まぁ・・・たまには・・・

ということでっ!

 

そんなわけで、

アイスを夜遅い時間に食べるという、

幸せを感じているところなのですが、

今日感じた、

小さな幸せ

について書こうと思います。

自分でつくったご飯は、たいてい「美味しい」と感じる。

今日の夕食は、

鳥丼でした。

 

こんな感じ。

ドーン!

f:id:muimui57:20191014232307j:image

この夕食をつくりながらふと思ったのですが、

私って、自分でつくったご飯に対して

「まずい」

と感じたことが少ないんです。

 

たいていは、

「今日のも美味しかったなぁ」

という感じで、

ごちそうさまをします。

 

料理が得意というアピールをしているわけではないですよ。

むしろ、私はあまり料理が得意ではありません。

 

とりあえず、

「煮る」か「焼く」かをしておけばOK

みたいな、

雑な感じです。

 

私は煮物が好きで、

とりあえず、なんでも煮てみる傾向があります。

もちろん、レシピなんて調べず、

目分量で適当に仕上げます。

 

でもね、

どんなに適当につくっても、

自分好みの味に仕上がるというか、

美味しかったなぁ、

と満足感を得ることができるのです。

 

まぁ、失敗することもあるのですが、

それはそれで!

 

いままでとくに考えていなかったのですが、

自分でつくった料理を

「美味しい」

と感じることができるということは、

すごく幸せなことなんじゃないでしょうか?

 

最近、自己肯定感を上げるために、

自分に対して褒めることのできる部分を探したり、

日々の生活における「小さな幸せ」を探したりしています。

 

この「小さな幸せ」ということに

毎日毎日、注目していたから、

この「自分のつくる料理は美味しいと感じるということは幸せだ」ということに

気づくことができたのではないな?

と思います。

 

ちなみに、

自分のつくる料理の味のベースにあるのは、

母親のつくってくれた料理の味だと思います。

 

習っていない料理とかでも、

どことなく似ているところがあります。

 

つまり、「母の味」ですね!

 

煮物のお供はこのふたつ。

 

おまけの幸せ:「キレイになったな」とすっぴんを見て思えた。

もう一個、

おまけの「小さな幸せ」です。

 

今日は、

びっくりするようなことが起こりました。

 

昨日に引き続き、

結構な時間までダラダラと寝ていたのですが、

起きて歯を磨くために洗面所に行き、

鏡を見たときに、

あれ?私、なんかキレイになったな

と思いました。

 

寝起きなので、

もちろんすっぴんです。

 

「キレイだな」

ではなく、

「キレイになったな」

です。

 

スキンケア用品はとくに変えていないし、

丁寧にスキンケアをするようになったとかではありません。

サプリメントもまったく飲んでいません。

 

スピリチュアル系の話になるのですが、

先日、ある方とご縁があり、

ある天使の力をアチューメントしていただき、

自己ヒーリングができるようになりました。

 

この自己ヒーリングを

ここ数日、

毎日しているということ以外、

「キレイになる」という要素はありません。

※美容系のヒーリングではないです。

 

自分自身、

「キレイになったな」

という言葉が自然に出てきたことに

とても驚きましたが、

なんだか、いろいろなものがプラスの方向に、

前向きに進んでいっている気がして、

すごく嬉しいというか、

幸せを感じることのできた瞬間でした。

 

それでは、

これから、明日食べる用のぬか漬けを漬けに台所に行きます!

 

ではでは★

 

 

全然、記事ないけど、

サブブログも、よろしくお願いします!

muimui57.hatenablog.jp

 

Sponsored Link