実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

穏やかな生活は温かい食事から。久々の一汁一菜。

Sponsored Link

Sponsored Link

1月の初めにお椀を買い、あれだけ張り切っていた一汁一菜生活。

結局、1月はほとんど家でご飯を食べることが無く、食べるとしても買ってきたサンドイッチや肉まんなど、片手で簡単にすぐに食べることのできるものばかりでした。

 

2月に入り少し落ち着いたので、自炊をしようと材料を購入しても、つくるところまで気力がいかず、食材をダメにして後悔する日々が続いていました。

久々の定時帰宅。久々の自炊。

今日は久々に定時帰宅できたことと、帰りの電車のなかで料理をする気力がフツフツとわいてきたことから、久々に自炊をすることにしました。

自炊をするといっても、簡単につくれるものだけです。

仕事の後に手の込んだ料理をするのは元々できないタイプだし、そもそもせっかくわいてきた自炊に対する気力をつぶさないことが大切なので、簡単に短時間でつくれるものだけを。

 

家の冷蔵庫には食材らしい食材は無い状態だったので、その日に料理として仕上げることのできるだけの、最低限の食材のみ購入して帰宅しました。

食材を無駄にしたという罪悪感はもう感じたくありません。

食材の生産者の方にも失礼です。

久々の一汁一菜。

f:id:muimui57:20180208205624j:plain

久々の自炊でつくったのは、たっぷりのお味噌汁と、無限もやしのみ。

緑のものは、スーパーで購入した京菜のお漬物です。

 

冷凍ホウレンソウともやし、牛豚の合いびき肉をつかったお味噌汁は、もちろん包丁を使わずにつくることのできるものです。

冷凍ホウレンソウ、買っておいてよかった~♪

 

無限もやしは、昨日からつくってみたいと思っていたもので、レシピだけ調べてあったものです。

こちらも包丁いらずです。

しかもレンジでチンするだけ。

 

ここ最近、よくわからない食欲に襲われていて、無駄に間食をしているので、ご飯は食べずに代わりとして納豆を食べました。

食べているわりに便秘気味なので、その解消も願って。

お腹が温まると身体も温まる。

久々に自分でつくった、できたての温かい料理を食べました。

つくってすぐに食べることができるって、すごく贅沢なことだなぁ、と改めて思いました。

 

そして、たっぷりの温かいお味噌汁は、お腹を内側から温めてくれました。

お腹が温まると、不思議と身体全体も温まりました。

 

寒い日が続いているので、ここ最近はすぐに布団にくるまるか、そうでないときは暖房をつけた部屋で生活をしていたのですが、今日は違います。

暖房無し、布団にも入らずに過ごせています。

内側から身体を温めるって、すごく大事なことなんですね。

身体が温まるとやる気もわいてくる!

温かいご飯を食べて、身体を内側から温めたわけですが、そうすると不思議とやる気もわいてきました!

食べ終わった食器は、シンクまで運んで放置してしまうことがここ最近の習慣のようになってしまっていたのですが、食べ終わったらすぐに洗いました。

 

寒いから、疲れているから、やる気が出ないから・・・と言い訳をしてサボっていたお掃除ルーティン(玄関のたたきとトイレの拭き掃除)も自然と身体が動いてこなせましたし、大嫌いなお風呂場の排水溝の掃除もしました!

 

この排水溝の掃除をした、しかも仕事の合った日の夜にしたということは、個人的にはすごく驚くことなのです。

 

排水溝の掃除は大嫌いなものなので、休みの日(しかも天気の良い)に気合を入れないとできない掃除だからです。

 

これが、身体を温めた結果・・・食の力か!と驚くことばかりです。

 

いまは洗濯物が洗いあがるのを待っている状態なので、この時間を利用して家計簿をつけたり、読書をしたりしようと思います。

 

しばらくは仕事は抑え気味にすることが出来そうなので、この期間に食べることを見直して、心身ともに健康にしていきたいと思います。

 

ではでは★

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

Sponsored Link