実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

トイレ掃除を好きになるために、重曹スプレーをつくってみました。

Sponsored Link

Sponsored Link

トイレの拭き掃除を2日に1回のペースですると決めてから早2か月が経とうとしています。

なかなかクリアできなかったこの目標も、徐々にクリアできるようになりました。

この拭き掃除ペースを継続すべく、なにがそんなに嫌で拭き掃除をサボっていたのだろうか?と考えてることにしました。

 後回しにするから嫌になる。

拭き掃除嫌だな、と、後回しにしていることが多いということにまず気づきました。

後回しにして朝まで寝てしまったり、起きているとしても深夜になってしまい、掃除がさらに嫌になってしまい、投げ出してしまう日が多かったのです。

結局、自分に甘かっただけなのですが・・・

 

後回しにしなければ良い!と気付いてから、朝や帰宅後すぐに拭き掃除にするようにしてみたところ、クリアできるようになりました。

掃除用品(洗剤系)の臭いが嫌。

では、なぜ後回しにするほど嫌だったのでしょう?

そこを考えてみました。

 

結論はすぐに出ました。

使っている掃除用品(まめピカスプレー 除菌タイプ)の臭いが手に残ることが嫌だったのです。

洗ってもそこそこ残ってしまうので、出かける前(朝とか)に使いたくない、手に残ったままダラダラしたくない、と様々な言い訳をしながら後回しにしていました。

 

なら、手に臭いが残らない、もしくは残っても気にならない匂いにすれば良いのではないか?と考えた私は、重曹スプレーをつくってみることに!

 

100均で購入したスプレーボトルに、適当に重曹と水を入れ、香りづけでアロマオイルを数的。

今回は、家にあったスイートオレンジを使いました。

f:id:muimui57:20171223175337j:image

 ハンドルがまだ硬くてちょっと使いづらかったのですが、香りの面で引っかかっていたところはクリア!

手に匂いは残りにくいし、ちょっと残ったとしても軽く手を洗えば気にならないです(そもそもアロマの香りだし)。

 

残念ながら、汚れ落ちはまだ実感できていません。

でも、重曹の力を考えると、掃除を繰り返していれば気づかないうちにキレイになっているのではないかと思います。

 

また、重曹には消臭効果もあるということなので、水を流したあとの便器内にシュシュっとスプレーすることにしました。

これを続けていけば・・・消臭剤がいらなくなるのかも!

 

ちょっと期待をしています。

重曹スプレーで拭き掃除をするデメリット。

重曹スプレーで拭き掃除をするデメリットももちろんあります。

私は、トイレットペーパーで拭き掃除をしているのですが、重曹スプレーを使った場合、掃除中にトイレットペーパーがボロボロになってしまいます。

まめピカスプレーは、トイレットペーパーがボロボロにならなかったので、そこが良かったのですが・・・

 

掃除に使ったペーパー系は流してしまいたいので、キッチンペーパーなどに切り替える気はありません。

掃除用にキッチンペーパーを用意するのも嫌だし。

 

いまは、重曹スプレーで掃除を始めたばかりなので、トイレットペーパーがボロボロになるのはプチストレスですが、慣れれば「こんなもんだよな」と思えるようになると思います。

 

来年は、スプレーをつくる際に使うアロマオイルなども検討しようと思います。

殺菌効果を狙ってティーツリーとかがいいかな?と候補にしています。

 

ちなみに、トイレブラシの存在も嫌いだったのですが、これは引っ越しした際に「スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ」に変えたことで、問題解消しました。

掃除したらそのまま流せるって、本当に便利!

ではでは★

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

muimui57.hatenablog.com

muimui57.hatenablog.com

muimui57.hatenablog.com

 

Sponsored Link