実験室~お気に入りに囲まれる生活を目指して~

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

川越のお土産といったら「いも恋」。

Sponsored Link

先日、川越まで半日くらいのプチ旅行に行ってきました。

都内から、それほど遠くないというのは知っていたのですが、行くのは初めてです。

縁結びの神様 川越氷川神社

川越氷川神社に行くのがメインだったのですが、日曜ということもあり、氷川神社は何組もの結婚式を執り行っていました。

幸せをおすそ分けしていただいてきました!

 f:id:muimui57:20170605160604j:image

ここ最近、「良いこと < 悪いこと」という状態だったので、境内にある小川に人形も流してきました。

 

そして、まとめサイトなどでもよく取り上げられている「あい鯛みくじ」。

ピンクと白の鯛がぎっしり入っていて、ちょっとシュール。

f:id:muimui57:20170605160621j:image

ピンクの鯛を釣り上げました。

f:id:muimui57:20170605160632j:image

おみくじの内容は、小吉。

そこまで良い内容ではなかったので、お焚き上げしていただこうと、縛ってきました。

 

www.kawagoehikawa.jp

 

本格ハム・ソーセージのお店でドイツ風サンドを食す。

氷川神社でゆっくり過ごした後は、蔵造りの街並みを散策。

この時点で15時近くなっていたので、空腹が限界!

本当は、お昼は食べ歩きにする予定だったのですが、バスの停留所(札の辻)のすぐそばにあった、ハム・ソーセージ工房ミオ・カザロさんでしっかり食べることに。

 f:id:muimui57:20170605160649j:image

ブリッツェルに自家製ハムの挟まったサンドを食べました。

新鮮なお野菜たっぷりののサラダとスープ(このスープが美味しかった!)とブリッツェルサンドがワンプレートになっていました。

 

この店内の窓から見える郵便局が可愛いなぁ・・・とか考えながらゆっくりゆっくりお昼(時間的にはおやつ)をいただきました。

本当はデザートも食べたかったのですが、ここでデザートを食べると、この後の食べ歩きに支障がでると思い、我慢。

 

ハム・ソーセージ工房ミオ・カザロ | ホーム

 

菓子屋横丁にも迷い込んでみる。

川越に行こうと決めたのも、その日の朝だったので、下調べはまったくしないで行ってしまいました。

なので、人の流れに沿って散策することにしました。

散策をはじめて少ししたところに、人がたくさん出てくる横道がありました。

「なにかあるんだろう」とフラフラ行ってみると、菓子屋横丁に!

地図で見ていたときは、少し遠いかな?と思ったのであきらめていたのですが、こんなにあっさりと迷い込むことが出来るとは!

 

長い麩菓子とか、キラキラした飴とか、懐かしい気分になりました。

この通りにあったさつまいものソフトクリームが食べたかったのですが、お腹いっぱい過ぎて食べれませんでした。

やっぱり、がっつりお昼は止めておけばよかったか?

いや!あのサンドは美味しかったから、OK!

などと考えながら、とくになにをするでもなく、人込みをうろうろ。

日曜なので、混んでいたのです。

もう少し空いているときに、また来たいなぁ。

時の鐘を見逃す。

そのあとも、小江戸を楽しみながらフラフラしていたのですが、「時の鐘入口」という看板を見つけました。

あ~、地図にあったやつ!と思い、行ってみることにしました。

 

が、いくら歩いても時の鐘っぽいものはない。

気づいたら、その通りが終わりそうになりました。

これ以上行っても、時の鐘はないだろう、ということで引き返してみたところ・・・

ありました!

通りの入り口からすぐのところにw

 f:id:muimui57:20170605160709j:image

いや~・・・こんなに近くにあったとは・・・

驚きました。

見れてよかった。

「いも恋」に出会う。

時の鐘を見たあとは、また蔵造りの街並みを散策。

同じ1本の道なのですが、途中で昭和通り(だっけ?)に変わるんですよね。

その境目あたりに、私の探していたお菓子の暖簾を発見!

「いも恋」です!!

 f:id:muimui57:20170605211430j:image

「いも恋」は菓匠右門さんのお菓子です。

 

「いも恋」は、さつまいもとつぶ餡を山芋ともち粉の生地でやさしく包み、昔なつかしい風味に仕上げたまんじゅうです。さつまいもとつぶ餡の取り合わせ、もちもち感のある生地の妙が「いも恋」のおいしさ。しっとりとした味わいが大好評いただいております。埼玉県からは
「彩の国認定優良ブランド品」としても認定され、小さなお子様からお年寄りまで、幅広い層のお客様に愛されています。大切な方へのご贈答にもたいへん喜ばれています。
どうぞ素朴な「いも恋」をご賞味下さい。

 

 菓匠右門HPより

 

姉が大学時代にちょこちょこ川越に遊びに行っていたのですが、その際にお土産として買ってきてくれていたのが「いも恋」なんですよね。

懐かしかったので、川越に行ったら絶対に買ってこようと決めていたのです。

 

「いも恋」は、冷蔵で5日間、冷凍すれば1ヵ月もつということです。

冷凍すれば1ヵ月・・・

一人暮らしの味方!

食べる前にレンジでチンすればOKです。

 

とりあえず、お土産として5個入りを購入したのですが、店頭で蒸かしているアツアツなのも食べたくて、1個購入。

さつまいもがマルっと入っているのですが、ホクホクで美味しかったぁ。

 

小江戸川越・菓匠右門|こだわりの手作業で創りあげたお菓子・芋おこわ

 

小江戸めぐりバスの1日フリーパスが便利

「いも恋」を食べたあとは、熊野神社に行き、近くのバス停からバスに乗り、川越駅へ。

これで、半日のプチ旅行は終了です。

 

今回は、「小江戸めぐりバス」の1日フリーパスを購入しました。

300円で、乗り放題です。

はじめは、バスは最低限にして、基本歩いて回ろうと考えていました。

が、熊野神社あたりで足が痛くなってしまったので、フリーパスを買っておいて本当に良かったです。

バスも、そこそこ本数があるので、少し待てば乗れました。

 

川越から都内に戻る電車内でマップを見ていて気づいたのですが、今回は、本当に最低限のところしか見れていなかったようです。

まぁ・・・思い付きで行ったのでね・・・^^;

 

今度は、下調べをしてから行こうと思います。

サイクリングとかも楽しそうだし。

 

ではでは★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

muimui57.hatenablog.com

muimui57.hatenablog.com

muimui57.hatenablog.com

 

 

Sponsored Link