実験室

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

きちんと起きるために遮光カーテンを止めてみた。

Sponsored Link

私は非常に寝起きの悪い人です。

しかも・・・早起きができません!

いろいろ調べた結果、遮光カーテンを止めてみました。

f:id:muimui57:20160704202407j:plain

通りに面した1階の部屋には遮光カーテンは必要

前住んでいた家は、通りに面した1階の部屋でした。

もちろん、人もそこそこ通るし、車通りもあります。

そのような家だったので、遮光カーテンは必須でした。

家にいることや起きていることを悟られないためです。

 

ただ、遮光カーテンなので、朝の日の光も遮ってしまいます。

結果的に、この部屋に引っ越してから、ただでさえ苦手な早起きが、より一層できなくなってしまいました・・・

遮像レースカーテンに出会う

いろいろ調べた結果、早起きが苦手な人は遮光カーテンを止めたほうが良いという結論に至りました。

次に住む部屋は1階ではないので、遮光カーテンに頼る必要性も低くなりました。

寝るときだけでいうと、明るくても寝れてしまう人なので外の光を遮る必要もとくにないんですよね。

 

そんなわけで、遮光でないカーテンを探し始めました。

カーテンはニトリで買おうと思っていたので、ニトリの店内をフラフラしていたのですが・・・

セットになっているものは遮光カーテンが多い!

 

そのなかで唯一見つけた遮光でないカーテンとレースがセットになったものにしようかと考えました。

ただ、レースは普通のタイプ。

つまり透けてしまうのです。

日中に部屋の中が見えてしまうのはちょっと・・・

 

ということで、ミラーレースコーナーへ移動。

ミラーレースもたくさんあるんですね。

カーテンはシンプルが好きなので、一番シンプルなミラーレースにしようと決めた・・・のですが、その近くにあった特設コーナー!

 

「遮像レースカーテン」とやら。 

TEIJINと共同開発したとかなんとか・・・

ミラーレースよりも外から見えなく、日の光はしっかりと取り込んでくれるとのこと。

即決でこちらにしました!

※従来の遮像カーテンでは若干部屋が暗くなってしまうらしいです。

 

実際に使ってみて・・・外から見たことは無いのですが、内側から見る限り外の景色は全く見えません。

つまり、外から見ても同じくらいなはずです。

 

ミラーレースの場合は、見づらくはあるものの外の景色は少し見えるようですね。

比べたことが無いのでわからないのですが・・・

 

遮光カーテンをやめ、朝日もしっかりと取り込んでくれる部屋になったおかげで、予定通りの時間に起きれるようになりました。

最近は早寝をしていることも多いためか、目覚まし前に目が覚めることもしばしば。

 

良い傾向です。

あとは、朝の準備途中にボーっとする時間を減らせば、より余裕のある朝を過ごせるようになるかもしれません!

 

ではでは★

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

入居前にインテリアなどはある程度考えた方が良いですね。

Sponsored Link