読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験室

「お気に入りに囲まれる生活をする!」と一念発起。自分のお気に入りは何かを探し求めるところからスタートしました。



Sponsored Link

裏紙が好き。

お仕事 作ってみた
Sponsored Link

ちょっとしたメモをする際に、なにを使いますか?

f:id:muimui57:20160417235633j:plain

ノートでしょうか?

メモパッドでしょうか?

私は「裏紙」にメモをすることが多いです。

すぐ捨てる系メモは裏紙で!

私は、仕事において帰宅前に「次の日にやることリスト」というものを作っています。

この作業をやるかやらないかで、仕事の効率はずいぶん違うと思います。

帰宅前にリストにしてまとめることで1日の振り返りができます。

そして、次の日には朝からすぐに作業を開始することができて無駄がないです。

リスト化するのは当日の朝でも構わないと思うのですが、私は朝が弱いので前日にやってしまいます。

 

ただ、この「やることリスト」、当たり前ですが1日1枚のペースで用意しその日の帰りには不要なものとなります。

そのため、キレイな紙に書くのはもったいない!

そんなときに、裏紙さんの登場です★

 

A4を半分にしたサイズの裏紙を大量に用意しておき「やることリスト」はこの紙に書いています。

 

裏紙は「やることリスト」に使う以外に、さまざまなメモに使っています。

ノートとか残るものでないので、テキトーな字で走り書きでも気にならない♪

本当に必要なことであれば、その部分だけノートに書き写せばOKです。

 

もちろん機密情報などが書いてある書類は裏紙には使っていませんが、破棄する際はシュレッダーにかけています。

 

また、プライベートでも裏紙を愛用しています。

テレビを見ていて、ネットをやっていて、本を読んでいて・・・とりあえず気になったことは裏紙へ。

重要なことだけPC上またはノートにまとめています。

 

そして、プライベートでも「やることリスト」は作っています。

「リストにあるものを消していく」という行為が好きなので、くだらないくらいにとにかく細かいリストを作っています。

洗濯という項目でいえば、「洗濯する」「洗濯物を干す」「洗濯物をたたむ」「たたんだ洗濯物をしまう」といった感じです。

洗濯関連だけで4つも消せるので、ちょっとした達成感をすぐに得ることができます♪

裏紙メモパッドを作ってみた。

とりあえずA4(またはB5)を半分に切った状態で使うことの多い裏紙。

切った後はダブルクリップでまとめていたのですが、「裏紙メモパッド」の作り方を見つけたので、作ってみました!

ペリペリと剥がれるメモ帳(製本つき) | 手作りなら、思いのママ。

 

f:id:muimui57:20160430212533j:plain

 ボンドとティッシュを使って作りました。

クリックポスト発送時に印刷するものの不要部分の紙が一番上にきていますね。

 

f:id:muimui57:20160430212645j:plain

 断面はこんな感じです。

少し見た目が悪いのですが、裏紙だし、すぐ使ってしまうし、家用なのでこれでOKです。

ダブルクリップが不要というのは、なかなか良いかもしれません。

 

職場でも作ってみたのですが、ボンドが手元になかったのでアラビックヤマトを使ってみました。

どんな仕上がりになっているのか楽しみです♪

 

 

ではでは★

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 
Sponsored Link